事務所専属弁護士

事務所専属弁護士って?

法律事務所を拠点として仕事をする弁護士を特に事務所専属弁護士と呼び区別することもあります。
法律事務所で取り扱う案件として、企業に関する法律事務全般の企業法務や、検察官が被告人を起訴する刑事事件,法人や個人が訴訟を起こす民事事件、さらには企業の倒産や権利関係など、各種法務があります。
事務所勤務の弁護士は、事務所にもよりますが、明確には出勤時間が決められていないところが多いです。一般的な企業より少し遅めに仕事が始まるところもあります。
ですがそれも依頼者との打ち合わせや、裁判の時間など、その日の仕事内容により出勤時間、帰宅時間も異なります。
案件ごとに勤務内容やスケジュールが大きく変わってくる点も特徴と言えるでしょう。

1日のスケジュール(一例)

朝はだいたい9時~10時近くに始業する事務所が多いみたいです。
事務所に出勤しその日の仕事を確認、書類確認、書類作成。事務所で予約されていた刑事事件などの相談等を行い、相談終了後は書類作成。その他事件の事務処理を行います。裁判所に弁護人として出廷する時もあります。
日中は犯罪が行われた現地に赴いたり、離婚の民事事件では、別居の家庭に本当に子どもがいるのかなど、現場を確かめに行ったりもします。12時近くにお昼を食べます。
午後からも裁判に出廷する時があります。出廷後は事務所に戻ります。クライアントとのミーティング、事務所内でのミーティングがあるのでを行うための準備をします。
夕方近くになると法律相談や裁判などの業務が落ち着くので、記憶があるうちに調べものや書類を作成します。その他として事務処理、メールの返信対応を行います。
帰宅時間はそれぞれですが、20時~23時に帰る弁護士が多いです。